占いでわかる仕事の今後|おまじないや占いで悩みを取り払う

女性

楽しい気持ちで願いごと

いつの時代も頼られる

笑顔

おまじないは、人間の歴史が始まった頃からすでに誕生していたものと考えられています。というのも、昔の人々は時として現代よりも過酷な、天災や民族間の闘争などの脅威にさらされていたからです。また、病気になっても、医学に頼ることもできませんでした。そのような状況に比べれば、現代日本に暮らす私たちははるかに恵まれているといえます。にもかかわらず、人々は相変わらずさまざまな悩みを抱いて過ごしています。かなわぬ恋やなかなか治らない病気、希望する学校があるのに成績が振るわない、などなど・・・そこで登場するのがおまじないです。いつの時代も、そのおもな支持者は若い女の子たちです。おまじないが今でも変わらず用いられているのは、自分の力だけでは望みをかなえられないという悩みごとが、時を超えて普遍的なものだからでしょう。

願う上で気をつけたいこと

おまじないは気楽にできて誰でも楽しめるものですが、それでも実行する際には注意すべき点があります。他愛ない遊びだと思っていても、おろそかにしてはならないことがあるのです。各種のおまじないには、それぞれ作法なども細かく決められているものがあります。それを守らなければ効果がない、というような注意書きもあります。ですが、それよりもまず重要なことは、おまじないで決して人に悪意を向けてはいけないということです。「そんなことを言ったって、あの娘がいるから彼が振り向いてくれないのよ・・・」などと言いたいときもあるでしょう。それでも、人の不運を願っておまじないをすることは、結局自分のためにはなりません。「誰のためにもよい結果となりますように」という、広く愛情深い心で行うことが何よりも大切なのです。